【製造業】マーケティングにおけるCG制作とは

マーケティングに関わる担当者の中にも、リアルにそっくりなCGをみて、これはすごいと言う方が一定数存在します。


もちろん、制作したクリエイターの技術や環境の進歩は素晴らしいことですが、マーケティング動画の制作という観点からするとさらに深掘りして考える必要もあります。

CGを使ったコンテンツの多くは、それをCGで製作しなければならなかったなんらかの理由があり、その理由がなければリアルな実写で撮影するに越したことはなかったはずです。

マーケティング担当者としてはCGがリアルと見分けがつかないことに驚いてもらうのではなく、製品自体の本質的な価値が伝わることこそが目的であり、そこに注力すべきなのです。

本質的な価値を表現するためにリアルに近いCGを活用したとすればこの限りではありませんが、本物そっくりのCGが与えるインパクトは一過性の驚きを誘発するに過ぎず、冷静に考えると、製品に驚いたと言うよりはCGの技術に魅了されたと見ることもできます。


目的にもよりますが、マーケティング担当書としてはCGの技術でインパクトを与えるだけでなく、CGを活用することによって製品そのものの価値伝達ができることが真の成功と言えるでしょう。


0回の閲覧

© 2020 Linkinsight. all rights reserved